アプリ

17liveとは?人気の秘密と初心者でも稼げるその仕組みを解説!

17liveとは?

出典:jp.17.live

「17Live(イチナナライブ)」とは、さまざまなジャンルのライブ配信(生放送)が視聴できるライブ配信アプリです。17Liveは台湾初の配信アプリで2017年に日本上陸しています。全世界でのユーザー数は5,000万人を突破しており海外でも人気です。(※”17LIVE株式会社 Wantedly会社情報“参照)配信、視聴は※無料で、アプリをダウンロードすれば簡単に始められます。

主な配信ジャンル 雑談,楽器,カラオケ,ゲーム,
コスプレ,ダンス
ダウンロード数 1,000万以上
利用料金 無料
対応端末 iPhone、Android、iPad
アーカイブ配信 あり
コラボ配信 あり
対象年齢 17歳以上

17liveの特徴とは?

出典:pixta.jp

17Liveではライバーの顔出しの配信がメインで、人気モデル、俳優、歌手などの有名人に加え一般の10代~30代まで幅広い層の方がライバーとして活動しています。

配信者は20代女性が多いようです。お気に入りの配信者に対してはギフトと呼ばれる投げ銭でライバーを応援することも出来ます。ファンのたくさんついたライバーは、ユーザーからの支援で収益を得られる為、現在収入源としても注目の高い分野です。

他サービスとの比較

サービス名 17live SHOWROOM Pococha
特徴 若い世代から人気のある配信サービス
モデルや芸能人などの著名人から一般人
までのlive配信を視聴可能
坂道系などのアイドルグループの
配信がメイン。ライブステージの
ような雰囲気が味わえる
DeNAが運営する日本発の人気
上昇中のライブ配信アプリ。
ライバーや視聴者の傾向は
17liveとさほど変わらない
DL数 およそ16,000,000 およそ2,200,000 およそ2,300,000
料金 無料で利用可能
(課金あり)
無料で利用可能
(課金あり)
無料で利用可能
(課金あり)
配信者としてデビュー
誰でも簡単に始められる

一般人の配信デビューは敷居が高い

誰でも簡単に始められる

話題のライブ配信アプリ「showroom」とは?収益化や配信方法もご紹介

Pococha(ポコチャ)とは?時間ダイヤや課金アイテム、使い方から特徴まで詳しく解説!

17liveの使い方

出典:pixta.jp

17liveでは主にライバーの配信の視聴、自身がライバーとして配信することが楽しめます。世界中の配信者と視聴者として交流ができたり、17liveで自分が配信して視聴者と繋がることができたりするのが魅力です。

視聴はスマートフォンアプリとパソコンから、配信はスマートフォンアプリから行えます。

iPhoneやAndroidでの視聴方法

出典:play.google.com

iPhone、Androidなどのスマートフォンと使用しての視聴の場合、専用のアプリを無料でダウンロードします。

17liveを利用するにはアカウントが必要なため、アプリをダウンロードした後はアカウントを作成しましょう。自身のSNSアカウントを連携してのログインも可能です。

また、アカウント作成後に「17ID」と呼ばれる17Liveのアプリ内でニックネームの設定が必要です。一度登録すると1回しか変更できないので慎重に考えましょう。

以上で登録は完了です。早速お気に入りのライバーを探しましょう。

出典:jp.17.live

パソコンでの視聴方法

出典:pixta.jp

パソコンで視聴をしたい場合は17liveのブラウザリンクから閲覧できます。ホーム画面から興味のある配信をクリックするだけで視聴可能です。

出典:jp.17.live

パソコンのブラウザがGoogle Chromeでない場合、正常に動作しないことがあるようなのでご注意ください。PCからの視聴だとログインすることなく視聴可能です。ただし各種機能を使いたい場合はログインしておきましょう。

配信方法

出典:pixta.jp

初心者でもライバーとして活動したい方は、アプリのライブ配信を選択するだけで、すぐにライバーとしてデビューできます。PCでは配信は出来ません。

アプリのダウンロードのみで他に必要な機材などは特になく、いつでもどこでも無料でライブ配信をスタート可能です。誰でも簡単に始めることが出来るのも17liveの人気の理由です。

モバイルアプリのホーム画面下部「+」をクリックすると配信ができます。

出典:jp.17.live

ライブ配信終了後には、視聴者数やいいね数などのスコアも確認でき、スコアを獲得すればするほど人気に繋がるため、人気ライバーの配信を参考にしつつ自分の魅力が伝わる内容を考えてみてください。

17Live公式ライバーとは?

出典:pixta.jp

17liveの公式ライバーとは運営会社である17 Media Japanの認証ライバー審査を通過し、公式認証ライバーに認定された配信者のことを指します。17live公式ライバーになるとプロフィールにチェックマークがつくので一目瞭然です。

17 Media Japan の認証ライバー審査を受けて認められたライバーのこと

17live公式ライバーの審査には明確な審査基準はありませんが、容姿や配信内容などによって審査されます。

公式ライバーになると視聴者からの報酬率が一般ライバーの2倍ほどになり還元率が上がることが特徴です。また、所属する事務所によっては時給制になる場合もあります。

17live公式ライバーになる方法

出典:pixta.jp

17liveの公式ライバーになるためには主に2つの方法があります。公式からまたは事務所からのスカウトか、自身で応募して公式ライバーになる

スカウトされる

17liveから、またはライバー事務所にスカウトされて公式ライバーになる方法です。この場合、スカウト担当者からSNS経由等で接触があり、電話面談などを経てデビューする形になります。

スカウト基準は、主にビジュアルや現在の活動内容などを基準にスカウトしているそうです。事務所の目に止まるためにまずはファンを増やし人気の配信者になることが大切ですね。

自分で応募して合格する

事務所の応募に自身で応募して公式ライバーになる方法もあります。興味のある方はインターネットで各事務所の募集を探して応募要項を確認するのもいいかもしれません。

※このテーブルは左右にスクロールできます。

17live配信のコツとは?

出典:pixta.jp

17liveでライバーとして配信を成功させるためにはたくさんの人に視聴してもらいファンを増やすことが大切です。ファンを増やすために出来るポイントを解説して行きます。

アプリを使えば簡単に配信可能

出典:pixta.jp

簡単に配信出来る17liveだからこそ、毎日同じ時間に配信するクセづけをしてみましょう。ファンを獲得していくために大切なことの一つは、毎日コツコツ配信することです。17liveの視聴者は習慣で毎日アプリを開いている人が多いので、配信頻度を上げることで親近感が沸き、ファンになってもらいやすくなります。

毎回同じ時間に配信すると、そろそろ○○さんの配信だな、と視聴者も生活リズムにも入り込めます。まずは視聴者に配信を見ることを習慣にしてもらいましょう。

サムネイルを工夫しよう

出典:pixta.jp

視聴者を集めるポイントは、サムネイルの工夫することです。ライブのサムネイル画像は、リスナーがその配信を見るかどうかを決める判断材料になります。

そのためサムネイルは最も配信内容や自分をアピール出来る写真にして、文字や装飾で加工を加えより視聴者に魅力が伝わりやすいものにしましょう。

配信で収益化も可能

出典:pixta.jp

17liveで収益化は可能なのか、実際に稼いでいるライバーはどれぐらい稼いでいるのかなどを解説!これから17liveで配信しようと思っている方や、どうやって収益にしているのか気になる方はぜひ参考にしてみてください!

「ギフト(投げ銭)」は換金可能

17liveでは、ライブ配信中にギフト呼ばれる投げ銭を受け取ることができます。貰ったギフトはポイント経由で換金が可能です。換金率はライバーのレベルによって異なりますが、約15%~30%になっているので、人気の配信者ほど換金率が高くなる仕組みです。

17liveはダウンロード数や視聴者数が多いため、ギフトを贈ってくれる視聴者が多いといわれています。ファンを獲得して収益化を目指しましょう。

収入が高いライバーも多数存在する!

出典:jp.17.live

17liveの11月末現在のランキングを見ると、トップの方が4,842,962P獲得しているので、30%還元だとすると約145万円も稼いでいることになります。初めての方も月に何万円かは稼ぐことも可能といわれているので、毎日コツコツ積み重ねて「ギフター」と呼ばれるギフトを投げてくれる人を獲得しましょう。

17liveは初心者でも簡単に始めることができる!

出典:pixta.jp

17liveの人気の秘訣をご紹介しました。初心者でも簡単に視聴や配信ができるため、好きなライバーを応援したり、自分がライバーとして収入を得たり、どちらでも楽しめる配信アプリです!ぜひ、この機会に17liveを始めてみてはいかがでしょうか?

 

【2022年最新】ライブ配信アプリおすすめランキング25選|ユーザー数や特徴を一覧で徹底比較!

※画像は全てイメージです。
※記事内の情報は、グリーニュースプラス編集部の調査結果(2021年1月)に基づいたものです。

 

この記事をシェアする