アプリ

エブリーライブとは?基本の使い方から特徴やメリット・デメリットまで詳しく解説!

EVERY .LIVE(エブリーライブ)とは?

出典:everylive.jp

驚く感動を体験できるサービスとして、ポストライブ配信のフロントランナーを目指しているというEVERY .LIVE(エブリーライブ)。

アカウントは無料でアカウントが作成でき、時間や場所を問わず、だれでも気軽にライブ配信を楽しむことができるライブ配信サービスです。

まずはじめに、EVERY .LIVE(エブリーライブ)の基本情報についてご紹介します。

2021年1月にリリースされたライブ配信アプリ

出典:everylive.jp

EVERY .LIVE(エブリーライブ)は、フィンテック・ベンチャー企業のSTAGE株式会社によって2021年1月初旬にリリースされました

数あるライブ配信アプリの中でも、EVERY .LIVE(エブリーライブ)は比較的サービス開始からの日が浅く、ライブ配信市場が盛り上がる最中に新しく誕生したサービスです。

主な配信ジャンル 雑談
ダウンロード数 非公開
利用料金 無料
対応端末 iPhone、Android、iPad
アーカイブ配信 なし
コラボ配信 あり
対象年齢 17歳以上

エブリーライブの特徴

EVERY .LIVE(エブリーライブ)には、他のサービスと比べてどのような特徴があるのでしょうか。EVERY .LIVE(エブリーライブ)におけるライバーの制度や、アプリのシステムの特徴について詳しくご紹介します。

特徴は以下の4つです。

  1. 認証ライバー制度がある
  2. ライバー事務所との提携がある
  3. ママライバーサポート制度がある
  4. ライバルが少ないので上位ライバーを目指せる

認証ライバー制度がある

出典:pixta.jp

EVERY. LIVE(エブリーライブ)では、「認証ライバー」という制度が設けられています。認証ライバーとは、EVERY. LIVE(エブリーライブ)運営が定めた基準を満たしているライバーを指します。

認証ライバーに応募する方法は後述しますが、直接応募する場合はEVERY. LIVE(エブリーライブ)の定める審査に合格する必要があります。

以前までは認証ライバーしか配信することができませんでしたが、2021年7月30日から全ユーザーが配信できるようになりました。

ライバー事務所との提携がある

出典:pixta.jp

EVERY. LIVE(エブリーライブ)は多数のライバー事務所との提携を行っていますそのため、EVERY. LIVE(エブリーライブ)でライバーとして活躍することで、提携事務所からのスカウトを受ける可能性もあります。

逆に、先に提携関係にある事務所と契約を結ぶことができる場合は、認証ライバーとして活躍できる可能性がより高まります。

報酬や支払いの条件などは所属する事務所ごとに異なりますが、EVERY. LIVE(エブリーライブ)では健全な運営を行えるよう、エージェント同士での引き抜き行為は禁止されています。

ママライバーサポート制度がある

出典:pixta.jp

ママライバーに対する支援制度もEVERY. LIVE(エブリーライブ)の特徴のひとつです。

ママライバーサポート制度では、一般の報酬とは別にシングルマザーのライバーには月2万円、ママライバーには月1万円が支給されます。

運営の情報によると、ライバーも視聴者も一緒に成長してもらいたいという想いから生まれたサポート制度とのこと。家事や育児を行いながらライブ配信をするママライバーにとっては嬉しい報酬システムです。

ライバルが少ないので上位ライバーを目指せる

出典:pixta.jp

EVERY. LIVE(エブリーライブ)は他のライブ配信アプリと比べてリリースからあまり日が立っていません。また、全ユーザーのライブ配信の解放はリリースから半年以上経ってからなので、ライバル数は他のアプリよりもかなり少なくなっています

早いうちからEVERY. LIVE(エブリーライブ)で配信を行うことで、将来的には古参のライバーとしてランキングトップに入ることも夢ではないかもしれません。

エブリーライブのメリット2つ

EVERY. LIVE(エブリーライブ)を利用するメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。2つのメリットについて詳しくご紹介します。

1. イベントで稼ぎやすい

出典:pixta.jp

1つめのメリットはイベントで稼ぎやすい点です。EVERY. LIVE(エブリーライブ)では、定期的にイベントが開催されます。

他の配信アプリでもイベントの開催はありますが、EVERY. LIVE(エブリーライブ)はリリース開始から日が浅く、ライバーの数も少ないため、他の配信アプリと比べてライバルが少ない傾向にあります。そのため、ランキング形式のイベントなどでも比較的上位を狙いやすいメリットがあります。

2. スカウトされるチャンスがある

出典:pixta.jp

2つめのメリットは、EVERY. LIVE(エブリーライブ)で配信を行うことでスカウトしてもらえる可能性がある点です。

EVERY. LIVE(エブリーライブ)はいくつものライバー事務所と提携を行っているため、ライバーとして活躍することで提携事務所へスカウトされるチャンスがあります。将来的に事務所へ所属したいと考えている場合はメリットになるでしょう。

エブリーライブのデメリット2つ

出典:pixta.jp

一方で、EVERY. LIVE(エブリーライブ)にはデメリットもあります。利用を考えている場合は事前にデメリットも押さえておくとよいでしょう。2つのデメリットについて詳しくご紹介します。

1. サービス開始から日が浅いので視聴者が少ない

出典:pixta.jp

EVERY. LIVE(エブリーライブ)ではリリースから日が経っておらず、ライバーとしてのライバルが少ないメリットがあるとご紹介しました。

一方で同様に、リスナーとして配信者のことを応援する視聴者数も少ない傾向にあります。既にメジャーになっている他の配信アプリと比較すると、ライブ配信アプリの垣根を超えて有名になることは難しいかもしれません。

2. 無料で応援できるアイテムがない

ライブ配信アプリの中には、課金をしなくても無料でハートやアイテムを送ることができるアプリもありますが、EVERY. LIVE(エブリーライブ)ではそういった無料の応援アイテムはありませんそのため、視聴者からの応援システムで稼ぐハードルが高くなってしまうところがデメリットです。

また、視聴者にとっても、好きなライバーが居た場合に無課金で応援することができない点はデメリットであるといえるでしょう。

エブリーライブで配信するまでの流れ

出典:everylive.jp

ここからは、EVERY. LIVE(エブリーライブ)の実際の使い方について詳しく解説しますまずは、EVERY. LIVE(エブリーライブ)で配信するまでの流れについて紹介します。

エブリーライブのアカウント登録3ステップ

出典:pixta.jp

EVERY. LIVE(エブリーライブ)を利用するには、アカウント登録を行うところからスタートします。視聴を行いたい場合も、同様のアカウント登録の手順が必要になります。アカウント登録自体は、5分もあれば簡単に完了できる内容です。

1. アプリをインストール

出典:everylive.jp

まずはじめに、EVERY. LIVE(エブリーライブ)のアプリをインストールします。

2. EVERY ID もしくはSNSでログイン

出典:everylive.jp

アプリをインストールすると、EVERY. LIVE(エブリーライブ)へのログイン画面が表示されます。EVERY IDもしくはFacebook、LINE、Twitter、Google、appleのいずれかのSNSアカウントを使ってログインすることができます。

3. 基本情報を入力して登録完了

出典:everylive.jp

ログインしたら、ID登録の画面へ遷移します。IDは4文字から14文字までで作成可能です。

性別を選んだら、「次へ」をタップ。

出典:everylive.jp

以上で簡単にアカウントの登録が完了しました。これでいつでも配信や視聴を行えるようになります。

エブリーライブで配信する

出典:pixta.jp

続いて、実際にEVERY. LIVE(エブリーライブ)で配信を行う際の手順についてご紹介します。

ホーム画面から簡単にライブ配信!

出典:everylive.jp

EVERY. LIVE(エブリーライブ)アプリ内のホーム画面の水色の丸いボタンをタップすると、ライブ配信のボタンが表示されるのでタップします。

出典:everylive.jp

配信設定の画面が表示されるので、タイトル、カテゴリー、イベントを選択して「LIVE!」ボタンをタップ。上記手順で簡単に配信することができます。

認証ライバーへの応募方法

出典:pixta.jp

EVERY. LIVE(エブリーライブ)では、現在は認証ライバーだけでなく全ユーザーが配信を行うことができます。

しかし、認証ライバーとして活躍することが出来ればより多くの人の目に留まるチャンスが増えるでしょう。認証ライバーへの応募は、公式ホームページの応募フォームからエントリーできます

エブリーライブの視聴方法

出典:pixta.jp

次に、EVERY. LIVE(エブリーライブ)でライブを視聴する方法についてご紹介します。

好きな配信者を探してライブを視聴する

出典:everylive.jp

アプリを起動してログインすると、リアルタイムで配信を行っている配信者が表示されます。「注目」カテゴリや「NEW」カテゴリなどの中から好きな配信者を選んでタップ。

上記手順で気軽に配信を楽しむことができます。

課金ダイヤを使ってアイテムを送る

出典:everylive.jp

配信者へアイテムを送るには、アプリ内で課金してダイヤを購入する必要がありますダイヤは48~16,220までの数があり、価格換算すると120円~36,800円(税込)の中から選ぶことができます。

ダイヤの数 価格
48 120円(税込)
350 860円(税込)
500 1,220円(税込)
1,000 2,440円(税込)
3,100 7,500円(税込)
5,100 12,000円(税込)
6,900 16,000円(税込)
10,500 24,000円(税込)
16,220 36,800円(内税)

ダイヤのチャージが完了したら、ライブ配信画面のプレゼントマークのボタンをタップ。アイテムが表示されるので、好きなアイテムを選んで配信者を応援しましょう。

エブリーライブの配信で押さえておきたい注意点

最後に、エブリーライブを使用するときの注意点についてご紹介します。ライバーとして、配信時に注意したいポイントは以下2つです。

  1. 配信には年齢制限がある
  2. 通信環境に注意が必要

詳しく見ていきましょう。

配信には年齢制限がある

出典:pixta.jp

エブリーライブでは、満15歳に達した⽇以後の最初の3⽉31⽇を経過していない場合、法令等の定める⼿続を実施しない限り配信できない規定になっています。15歳を迎えるまでは、リスナーとしてライブを楽しみましょう。

また、15歳を迎えていても18歳未満である場合は、配信時間に制限がかかります。18歳未満の場合に配信できる時間は朝5時から23時までとなり、22時以降翌朝5時までの時間帯は配信できないので注意しましょう。

通信環境に注意が必要

出典:pixta.jp

エブリーライブで配信する際、使用する環境によってはアプリの動きが悪いことがあるようです。使いづらいと感じた場合は端末やアプリの再起動を試してみると良いでしょう。

また、通信環境も重要なため、自宅の回線が悪いと感じる場合はWi-Fiルータや回線環境の見直しを行ってみてください。

エブリーライブを使って配信ライフを楽しもう!

出典:everylive.jp

今回はEVERY. LIVE(エブリーライブ)の特徴や、基本の使い方について詳しくご紹介しました。これからEVERY. LIVE(エブリーライブ)でライブ配信をしようと思っている方はぜひ参考にしてみてください。

【2022年最新】ライブ配信アプリおすすめランキング25選|ユーザー数や特徴を一覧で徹底比較!

※画像は全てイメージです。
※記事内の情報は、グリーニュースプラス編集部の調査結果(2021年12月)に基づいたものです。

この記事をシェアする