マンガ

【2022年最新】マンガ読み放題サービスおすすめ10選|無料サービスからサブスクまで徹底比較!

マンガ読み放題サービスの特徴

出典:stock.adobe.com

「スマホ1つでどこでもマンガを読むことができる」と今人気の「マンガ読み放題サービス」ですが、サービスには大きく分けて有料と無料のサービスの2種類があります。

定額で読み放題

マンガ読み放題サービスの特徴は、決まった料金を払うことで作品を好きなだけ読めるサブスク制にあります。月額制のサービスが多く、およそ数百~数千円の月額料金でマンガ読み放題となるサービスが多いです。

ただ、読み放題サービスでは既に連載が終わった旧作が多い傾向にあり、連載中の最新作も一部ありますが、ほとんどの場合は追加で個別購入することになります。

ある一定数の本を読むと有料

マンガ読み放題サービスには、料金を支払わなくても読めるものがありますが、全ての作品を提供している訳ではありません。比較的新しい作品では無料マンガが一部だけに限定されていたり、「初めの数冊まで」という条件が付いていたりする場合があります。

マンガ読み放題サービスを選ぶときのポイント

出典:stock.adobe.com

大好きなマンガ作品をお得に楽しむためには、どのマンガ読み放題サービスを選ぶかが重要です。こちらでは、マンガ読み放題サービスを選ぶ際に見るべきポイントを紹介します。

読みたいジャンルを扱っているか確認

マンガ読み放題サービスを選ぶ基準のひとつは、自分の読みたいマンガがあるかどうかです。サービスによって「少年マンガが豊富」「オリジナル作品が揃っている」など、強みは様々です。女性向け作品に特化したサービスや、個人作品まで扱っているサービスもあるので、どんなジャンルの作品があるのかをチェックしておきましょう。

料金形態を確認

サービスに登録する前に、料金形態を確認しておくことも重要です。上記の通り、買い切りなのか月額制なのか、また月額制の場合、料金はいくらなのかを把握しておきましょう。

キャンペーンなどの特典があるか確認

マンガ読み放題サービスでは、利用者数を増やすために期間限定の入会キャンペーンを実施することがあります。無料や割安で最新作を読めたり、マンガを購入できるポイントを付与されたりするので、キャンペーン中に入会すると通常よりもお得です。

編集部おすすめピックアップ

無料マンガが3,000作品以上!
【まんが王国】

出典:comic.k-manga.jp
  • 運営13年の老舗コミックサイト
  • 無料で読めるマンガは常時3,000作品以上
  • 過去の名作から最新作まで豊富な品揃え

まんが王国は、ポイントを購入してマンガが読める国内最大級の電子マンガサービスです。最大の特徴はなんと言っても無料作品数の多さ。常に3,000作品以上が無料で読むことができるので、初めて電子マンガを登録するという方におすすめです。

出典:apps.apple.com

また、有料マンガに関しても都度課金する方法、月々料金を支払う方法の2種類が用意されています。月額330円(税込)の「月額まんが300」から、月額11,000円の「月額まんが10000」までプランを段階的に8種類展開。「月額まんが500」以上のプランにすると月ごとにボーナスポイントをもらえるのが月額制のメリットです。

未登録でも一部だけ試し読みできますが、まずは無料会員登録をするのがおすすめ。1冊だけ無料や期間限定無料などのキャンペーンを多く実施しているので是非チェックしてみてください!

サービス名 まんが王国
料金形態 買い切り
料金 基本無料
無料期間 なし
専用端末 なし
ジャンル マンガ/ラノベ/大人向け作品

マンガ読み放題サービス比較表

出典:stock.adobe.com

マンガ読み放題サービスの特徴を紹介します。登録する際の参考にしてみてください。

サービス名 料金形態 料金 無料期間 専用端末 ジャンル
FODプレミアム 月額制 976円 2週間 なし 漫画/雑誌
ブック放題 月額制 550円 1ヶ月 なし 漫画/雑誌
Kindle Unlimited 月額制 980円 30日間 あり 漫画/ラノベ/小説/実用書
/雑誌/洋書
シーモア読み放題 月額制 ライト/780円
フル/1,480円
7日間 なし 漫画/ラノベ/小説/実用書
/雑誌/写真集/大人向け作品
ブックパス 月額制 618円 30日間 なし 漫画/ラノベ/小説/実用書
/雑誌/洋書
BookLive! 買い切り 基本無料 なし なし 漫画/ラノベ/小説/実用書
/雑誌/写真集/大人向け作品
スキマ 買い切り 基本無料 なし なし 漫画のみ
マンガ図書館Z 買い切り 基本無料 なし なし 漫画のみ
BOOK WALKER 買い切り 836円 1ヶ月 なし 漫画/漫画雑誌/アニメ雑誌
/ゲーム雑誌

※このテーブルは左右にスクロールできます

【月額制】
おすすめマンガ読み放題サービス5選

1. 会員限定特典がお得!
【FODプレミアム】

出典:fod.fujitv.co.jp

FODプレミアムは、フジテレビが運営する動画配信サービス「FOD」の月額プランです。月々976円(税込)を払うことで、動画はもちろんマンガや小説、写真集などの電子書籍まで見放題になります。

出典:manga.fod.fujitv.co.jp

FODならではのフジテレビの番組の見逃し配信サービスも好きなだけ利用でき、5万本以上の映画作品も観られます。読み放題対象のマンガは2万冊以上あり、少女・女性マンガや少年・青年マンガ、マンガ雑誌と幅広いジャンル展開が魅力です。130誌以上の最新雑誌も読めるので、かなりコスパも◎。

FODプレミアムのマンガはPCやスマホ、タブレットの各種ブラウザやiOSとAndroidに対応したアプリで利用できます。

サービス名 FODプレミアム
料金形態 月額制
料金 976円
無料期間 2週間
専用端末 なし
ジャンル マンガ/雑誌

2. マンガ3万冊以上
【ブック放題】

出典:bookhodai.jp

ブック放題は、ソフトバンクのグループ会社である「株式会社ビューン」が運営するマンガ読み放題サービスです。新作マンガを毎月更新し、月額550円(税込)の安さで全3万冊のうちほとんどの作品を読めるコスパの良さが魅力です。

出典:play.google.com

マンガのジャンルは、BLやTLなどの他に「恋愛・ラブコメ」や「ヒューマンドラマ」といったカテゴリ分けになっています。

ブック放題は、日本初の雑誌読み放題サービスでもあり、雑誌の新刊を発売日に読める他、週刊誌やビジネス誌など約350誌ほどの豊富な品揃えが特徴です。

サービス名 ブック放題
料金形態 月額制
料金 550円
無料期間 1ヶ月
専用端末 なし
ジャンル マンガ/雑誌

3. 200万冊以上読める
【Kindle Unlimited】

出典:amazon.co.jp

Kindle Unlimitedは、Amazonが運営する電子書籍「Kindle」の読み放題サービスです。月額980円(税込)で、マンガだけではなく小説やビジネス本、実用書などの活字も読むことができます。

出典:play.google.com

読み放題のマンガは5万冊以上あり、少年・少女向けコミックや青年向け、マンガ雑誌など、幅広いジャンルが充実。

Kindle Unlimitedを利用するにはAmazonアカウントが必要で、Kindle用の電子書籍リーダーか専用アプリをインストールしたスマホやタブレットで読むことができます。

サービス名 Kindle Unlimited
料金形態 月額制
料金 980円
無料期間 30日間
専用端末 あり
ジャンル マンガ/ラノベ/小説/実用書
/雑誌/洋書

4. 初月実質無料!
【シーモア読み放題】

出典:yomiho.cmoa.jp

コミックシーモアでは、特に少女マンガやBL、レディコミなど女性向け作品が充実しています。男性向け作品ももちろん多くあり、マンガだけでなくラノベや小説、雑誌などのジャンルも。

出典:yomiho.cmoa.jp

シーモア読み放題のプランは、「読み放題フル」「読み放題ライト」の2種類です。
「読み放題フル」では月額1,480円(税込)で掲載されている全ジャンルの作品を読むことができ、「読み放題ライト」では月額780円(税込)でBL、TL、ラノベ、大人向け作品以外の作品を閲覧できます。

サービス名 シーモア読み放題
料金形態 月額制
料金 ライト/780円
フル/1,480円
無料期間 7日間
専用端末 なし
ジャンル マンガ/ラノベ/小説/実用書
/雑誌/写真集/大人向け作品

5. 無料試し読みが豊富
【ブックパス】

出典:bookpass.auone.jp

ブックパスの読み放題サービスには2種類あり、月額418円(税込)の「マガジンコース」月額618円(税込)の「総合コース」です。マンガ読み放題をしたい場合は、マンガだけではなく種雑誌や小説、ビジネス本などの展開がある総合コースに加入しましょう。マンガは女性向け男性向けやBL、大人向け、ラノベの取り扱いも。

出典:play.google.com

無料で読めるシステムもあり、ラインナップも毎週更新されますが、途中で課金が必要なことも少なくありません。欲しいと思ったら、単品購入もできます。マルチデバイス対応は最大5台までで、各種ブラウザで閲覧可能です。

サービス名 ブックパス
料金形態 月額制
料金 618円
無料期間 30日間
専用端末 なし
ジャンル マンガ/ラノベ/小説/実用書
/雑誌/洋書

【買い切り制】
おすすめマンガ読み放題サービス4選

6. アプリでいつも試し読み
【BookLive!】

出典:booklive.jp

BookLive!は、定額制の読み放題サービスと違い、ネットショップで電子書籍を購入すると、マンガを読むことができる仕組みになっています。これまで配信した作品数は累計58万タイトル以上で、新作も毎日更新。無料で読める本も19,000冊以上あります。

出典:play.google.com

扱っている作品のジャンルは、少年・少女マンガから女性・青年向けマンガ、BL、単行本、マンガ雑誌まで様々。

まるごと1冊を無料で読めるコーナーや激安で購入できることもあり、上手に使うことでお得に読めるのもメリットです。毎日引けるガチャはジャンルがランダムですが、必ず何かしらの割引クーポンが当たります。

サービス名 BookLive!
料金形態 買い切り
料金 基本無料
無料期間 なし
専用端末 なし
ジャンル マンガ/ラノベ/小説/実用書
/雑誌/写真集/大人向け作品

7. 会員登録で20,000円相当無料
【スキマ】

出典:sukima.me

スキマは、2005年7月に設立された「株式会社TORICO」が運営しているマンガ読み放題サービスです。同社は、マンガ通販サイトの「マンガ全巻ドットコム」などのサービスでも知られています。

1万タイトルものマンガが無料かつ会員登録せずに読み放題できる点が魅力。作品全巻をまるごと読めることも多いので、もお得なサービスです。一方で、「全巻無料」の表示がない作品は途中から有料になるので、あらかじめ確認しておきましょう。

出典:play.google.com

無料で一気読みできない作品は、時間を待つことで読めるようになる場合もあります。恋愛ものやホラー、BL、オリジナル作品などのジャンルがありますが、最新作は少なめです。

サービス名 スキマ         
料金形態 買い切り
料金 基本無料
無料期間 なし
専用端末 なし
ジャンル マンガのみ

8. 投稿マンガも楽しめる!
【マンガ図書館Z】

出典:mangaz.com

マンガ図書館Zは、1万5千冊以上を超える作品の閲覧が基本無料です。同社は『魔法先生ネギま!』などの作者として有名な、マンガ家の赤松健氏が取締役会長を務めていることでも知られています。

新作から往年の名作マンガ、単行本にならなかった作品まで幅広く掲載しているのが特徴で、ジャンルも恋愛ものからバトル、SFまで豊富です。登録せずに読むことができますが、月額330円(税込)のプレミアム会員になると表示される広告が消すことができます。

出典:www.mangaz.com

全ての成人向け作品を見られたり、PDFデータをもらえたりする特典も。特にユニークなのが索引投稿システムで、プロやアマチュアに関係なく自分のマンガをサイトへアップロード可能です。

サービス名 マンガ図書館Z
料金形態 買い切り
料金 基本無料
無料期間 なし
専用端末 なし
ジャンル マンガのみ

9. KADOKAWA直営電子サービス
【BOOK☆WALKER】

出典:bookwalker.jp

BOOK☆WALKERは、「マンガ・雑誌読み放題」と「角川文庫・ラノベ読み放題」のプランがあり、いずれも月額836円(税込)(Apple決済やGooglePlay決済の場合は、840円(税込))で電子書籍を好きなだけ読むことができます。マンガとラノベのプランは違うものなので、両方楽しみたい場合は2つのプランに加入する必要があります。

出典:play.google.com

マンガ読み放題プランは、80冊以上のマンガ雑誌や2万冊を超える単行本、アニメ雑誌などを取り扱っていて、7台でコンテンツを見られるマルチデバイス式で、PCやスマホ、タブレットを通して閲覧できます。

サービス名 BOOK WALKER
料金形態 買い切り
料金 836円
無料期間 1ヶ月
専用端末 なし
ジャンル マンガ/マンガ雑誌/アニメ雑誌
/ゲーム雑誌

電子コミックで退屈な時間を幸せな時間に変えよう

出典:stock.adobe.com

サービスの運営元やプランによって、読み放題になるマンガの種類や範囲は様々です。月額料金の安さと特典だけではなく、読みたい作品が含まれているかも事前に確認しましょう。

電子コミックの読み放題があれば、退屈な時間も楽しいものに変えられるので、お気に入りのサービスを見つけてみてはいかがでしょうか。

【2022年最新】おすすめ漫画レンタルサービス6選|電子漫画と宅配漫画を徹底比較!

【2022年最新】電子書籍アプリおすすめ27選|マンガやラノベなどタイプ別にご紹介

※画像は全てイメージです。
※記事内の情報は、グリーニュースプラス編集部の調査結果(2022年1月)に基づいたものです。

この記事をシェアする