見守りアプリのおすすめ8選!特徴から選び方まで徹底解説

暮らし

見守りアプリとは

出典:pixta.jp

見守りアプリとは、スマホの位置情報を使用して家族それぞれの居場所や状況を共有できるアプリです。アプリをダウンロードするだけで、一人で学校や習い事に通う子どもや、離れて暮らす家族の様子が把握できます。

日常生活だけでなく、災害や怪我、トラブルに巻き込まれたときにもいち早く異変に気がつけるのもメリットのひとつです。

編集部おすすめの見守りアプリ|「ココダヨ」

出典:apps.apple.com

「ココダヨ」は災害警報に連動して、位置情報を瞬時に自動受信してくれます。

災害時は自分の現在地や安否を家族に知らせることができる防災アプリとして利用でき、平常時では家族の見守り機能として利用できます。アプリ内にはチャット機能や避難所へのナビ機能などが充実しており、いざという時に役立つ機能が豊富です。

また、現在地の公開レベルを自分で設定できるので、平常時にはプライバシーに配慮した使い方も可能です。

見守りアプリの選び方

出典:pixta.jp

見守りアプリの種類は多く、その特徴もそれぞれ異なります。「興味はあるけれど、どれを選んで良いのか分からない」と悩む方も多いでしょう。ここでは、見守りアプリの選び方をご紹介します。

チャット機能があるかどうかで選ぶ

出典:pixta.jp

チャット機能付きの見守りアプリの場合、別のチャットアプリを使用することなくスムーズにメッセージのやりとりが行えます。

居場所や状況に不安を感じたり異常を確認したりした際にすぐに連絡がとれる他、グループチャットもでき便利です。

位置情報の精度で選ぶ

出典:pixta.jp

見守りアプリを選ぶ際は、必ず位置情報の精度に注目しましょう。位置情報の精度が低いと相手の居場所を正確に把握できず、待ち合わせや緊急時などの対応が遅れてしまうことがあります。

そのため、位置情報を自動で更新してくれるアプリや災害時にも対応したアプリを選ぶのがおすすめです。

バッテリー消費が少ないかどうかで選ぶ

出典:pixta.jp

バッテリーの消費が多いと、いざというときにスマホが使えず困ってしまう可能性もあります。省エネモードや消費電力の少ないシンプルな設計のアプリを選ぶとバッテリーの無駄な消費が抑えられるでしょう。

見守りアプリのおすすめ8選をご紹介

出典:pixta.jp

ここまでは見守りアプリの特徴や選び方をご紹介しました。ここからは見守りアプリのおすすめ8選をご紹介します。

  1. ココダヨ
  2. みまもるん
  3. PeaceSign(ピースサイン)
  4. goo of things いまここ
  5. Life360
  6. iシェアリング
  7. みてねみまもりGPS
  8. まもサーチ

1. 最寄りの避難所が見つけられる「ココダヨ」

出典:apps.apple.com

「ココダヨ」は災害警報に連動して、位置情報を瞬時に自動受信してくれます。

家族や友人、会社の仲間など、2〜8名のグループで利用でき、緊急時にスムーズな安否確認が可能。避難所検索機能や気象情報の確認の他、平常時は位置情報共有アプリとして使えるのもうれしいポイントです。

出典:apps.apple.com

2. 難しい操作は一切不要「みまもるん」

出典:apps.apple.com

「みまもるん」は初期設定以外は一切操作することなく、安否を見守ることができるのが特徴。

スマホの無充電状態が続くと自動で登録先にメールが届く自動通報機能と、1クリックで緊急事態を知らせられる緊急通報機能があります。見守る側はアプリのダウンロードが不要な点もメリットのひとつです。

出典:apps.apple.com

3. 1日1回のタップで様子を知らせられる
「PeaceSign(ピースサイン)」

出典:apps.apple.com

「PeaceSign(ピースサイン)」は1日1回表示される「今日の様子」に回答するだけで、離れて暮らす家族の様子が確認できます。

通知は設定した時間に1度だけ届くので、1日に何度もアプリを確認する必要はありません。センサーや機器などは一切不要なので、いつでも簡単に始められるのもうれしいポイントです。

出典:apps.apple.com

4. 子どもからのSOSをいち早く受け取れる
「goo of things いまここ」

出典:store.goo.ne.jp

「goo of things いまここ」はGPS端末をアプリに登録することで、子どもの居場所や危険エリアや学校などの出入りを見守れます。

1.5分~3分、3分~5分単位で子どもの行動履歴をアプリで確認できるため、防犯対策としても役立つこと間違いなし。兄弟姉妹を3人まで見守ることができるのもうれしいポイントです。

出典:store.goo.ne.jp

5. スマホのバッテリー残量もわかる「Life360」

出典:apps.apple.com

「Life360」は家族や友人などグループで利用することで、お互いの位置情報を共有できます。

個人ではもちろん、グループごとにもチャットができるので、他のアプリを使用することなくやりとりが可能。車の速度やスマホのバッテリー残量もわかるので、さまざまな心配をする必要もありません。

出典:apps.apple.com

6. リアルタイムで通知が受け取れる「iシェアリング」

出典:apps.apple.com

「iシェアリング」は家族や友人の位置情報がリアルタイムで把握できます。

学校や職場へ出入りした時や緊急時に通知の送受信ができる他、過去の居場所も遡って確認することが可能。チャット機能付きなので、緊急時や待ち合わせ時にも役立つこと間違いなしです。

出典:apps.apple.com

7. 出発や到着を自動でお知らせ「みてねみまもりGPS」

出典:apps.apple.com

「みてねみまもりGPS」は、子どもにGPS端末を持たせるだけで、アプリ上で位置情報を確認できます。

毎月の行動範囲を登録することで、範囲から外れた場合に通知を受け取ることが可能。A-GPSやSBASにも対応しており、GPS信号の誤差を補正・補強するため、位置情報の精度が高いのもうれしいポイントです。

出典:apps.apple.com

8. 居場所をスマホに通知してくれる「まもサーチ」

出典:apps.apple.com

「まもサーチ」は子どもにGPS端末を持たせるだけで、アプリ上で位置情報を確認できます。

GPS衛星から取得した位置情報やWi-Fiアクセスポイント、通信基地局情報から測位するので位置情報の誤差が少ないのもメリットのひとつです。面倒な設定もないので、誰でも気軽に始められます。

出典:apps.apple.com

見守りアプリでスマホで簡単に家族の安否確認をしよう

出典:pixta.jp

今回は家族の安否確認ができる見守りアプリのおすすめをご紹介しました。見守りアプリを使用することで、災害や怪我、第3者とのトラブルなどの緊急事態をいち早く把握できます。今回の記事を参考に、見守りアプリをダウンロードしてみてください。

※画像は全てイメージです。
※記事内の情報は、グリーニュースプラス編集部の調査結果(2022年12月)に基づいたものです。