ドッグフード選びの参考に!ショッピングサイトから選び方まで

その他

【編集部おすすめ】愛犬の健康を考える方におすすめ

Mish one(ミシュワン)ドッグフード

出典:mishone.co.jp

Mish one(ミシュワン)は獣医師もおすすめな穀物を一切含まないグルテンフリーで作られています。また、良質なタンパク質やビタミン、鉄分も含まれており、愛犬の健康へとつながる成分が盛りだくさんのドッグフードです。

おすすめポイント

  • 穀物を一切含まないグルテンフリーで安心
  • 動物性タンパク質が60%以上で多く含まれている
  • 食いつきも良くなる

ドッグフードの認識と、得られる効果は?

出典:pixabay.com

犬専用のごはんとして世界中で数多く発売されている「ドッグフード」

初めてわんちゃんをペットとして飼う方は、数が多すぎてどれを選べばいいのか迷われるのではないでしょうか?

近年では、人間と同様に、犬の栄養や好みも考えられるようになっています。適正年齢によって食べやすさや大きさなど、さまざまな項目に分けて発売されています。

今回は、売れ筋の商品やどういった点が人気を得ているのかをまとめました。ぜひ、参考にしてみてください。

ドッグフードの選び方

  1. 食べにくさを感じるわんちゃんに合わせた選び方
  2. 安心してあげるための安全性
  3. 栄養と味の好みに合わせた選び方
  4. 製造や食材の違い
  5. 定期購入のメリット・デメリット

1. 食べにくさを感じるわんちゃんに合わせた選び方

出典:pixabay.com

成長期に入って、いよいよドッグフードデビュー!と、なったときに何を選べばよいか?

「ドッグフードならどれも同じじゃない?」とも思いますが、生後50日以降~のわんちゃんが成長するために必要なのは”ふやかしたドッグフード”です。また、嚙む力が弱いわんちゃん用もあります。

成長期に限らず、成犬用にも消化やお口に優しい調理済みのドッグフードもあります。

2. 安心してあげるための安全性

出典:pixabay.com

私たちが普段食べる食品でも「無農薬」「着色料無使用」など、気にされる方はいます。

愛しのわんちゃんにも、できる限り自然で栄養価の高いものをあげたいですよね。

そういったニーズに応え、完全無添加だったり、国産に限って販売しているショッピングサイトや企業もあります。

3. 栄養と味の好みに合わせた選び方

出典:pixabay.com

先述した健康的栄養素を考慮した上で、調理されているドッグフードも選択肢としてあがってきます。

こういった商品のいいところは、品種分けされて、パックになっていることなどが多いところです。

今日は肉類、明日は野菜、などと毎日違う味を与えることができるので、ペットも毎日の食事を飽きずに楽しむことができます。その上で、好みの把握などもできればその後の工夫もしやすくなります。

4. 製造や食材が違い

出典:pixabay.com

企業や、サイトによる製造工程や食材の違いはもちろんありますが、全てに共通する目的としてはやはり「ペットの長生き」です。

企業によって、研究や統計の取り方の違いから、どの項目に納得して購入するかは飼い主次第です。手作りかつ、新鮮なものを取り扱っている企業が多いことは共通しているので、安心して与えられるドッグフードを選びましょう。

それぞれ試してみて、ペットであるワンちゃんの好みに近いものを選ぶ、というのも一つの手ですね。

5. 定期購入のメリット・デメリット

出典:pixabay.com

インターネットでドッグフードを探していると「定期購入」というワードを聞く機会も増えています。定期購入と聞けば「〇〇%OFF」という文言が浮かびますね。

その反面、解約が面倒だったり、なかなかやめられない、なんて話も耳にします。解約の手間などを考えると、検索をするのも億劫になりますよね。

しかし、ドッグフードの通販サイトを見てみると、初回のお試しを導入しているサイトや、自信を持って口コミ掲載で推しているページも存在します。まずはお試しを利用してみるのもいいでしょう。

ドッグフード通販サイト6選

出典:pixabay.com

1. Mish one(ミシュワン)ドッグフード

出典:mishone.jp

Mish one(ミシュワン)は、犬のアレルギーを発症を防止することを重視した安全なペットフードとして支持を集めています。

「人でも食べることができる」というのが売り文句の一つです。ヒューマングレードの厳選ミートを使っていることから自信を持って提供されています。

Mish one(ミシュワン)は穀物を一切含まないグルテンフリーで作られています。犬のアレルギーの原因のひとつとして穀物があるので、明確な目的や、改善してあげたい要素から考えて選ぶ方も多いようです。

2. 犬猫生活 ドッグフード

出典:inuneko-seikatsu.co.jp

こちらはペットの飼い主であるオーナーの「食べさせたいドッグフードNo.1」にも選ばれており、販売実績も400万食を突破している定番フードです。

獣医師も推奨している理由として、元気で過ごし続けるために重要な”筋肉維持”に着目して考えられてある栄養バランスがあります。

また、定期便を利用することで、獣医師やペットに関する栄養管理士、動物看護士さんたちのカスタマーサポートがサービスとして付いてきます。

こちらは、定期購入前の初回価格は送料込みの550円ですので、試しに利用するハードルが低いことも魅力です。

3. におワン

出典:item.rakuten.co.jp

こちらは、ドッグフードのように食べるペットサプリメント。使い方も簡単で、食事にふりかけたり混ぜて食べさせるだけ大丈夫です。

愛犬のことで、一度は悩みになるであろうペットの口臭問題

それを食事の工程でサプリメントとして口にしてもらうことで解消しようというのがこの商品です。

原材料も、ゴボウ粉末・コーヒー生豆抽出物など、馴染みがあるものを多く使用しており、安心して使えます。

4. ドッグフード工房

出典:dogfoodkoubou.net

ドッグフード工房も、完全無添加を謳っていますが、珍しい点は、実際には使用されていることの多いビタミンやミネラルすら添加していないと公表しているところです。

ビタミンやミネラル、と聞くと添加物としてのイメージはあまりありませんが、この二つも正式には合成成分なので、完全な天然素材とは言えないんですね。

ちなみに、ドッグフード自体は、開けた瞬間に鰹節に似た香ばしい香りがして、人間でも「おいしそう」と感じられるそうですよ。

5. CoCo Gourmet(ココグルメ)

出典:coco-gourmet.com

ココグルメは、獣医師監修の完全手作りドッグフードで、国産フレッシュフードとして一定層の支持を得ているフードです。

今まで食べていたドッグフードへの食いつきが悪くなってしまったワンちゃんや、ワンちゃんの高齢化に悩んでいる飼い主さんをたくさん救ってきたという実績のあるフードです。

今なら333円のモニター価格で手に取ることができます。定期購入がない上に、ワンちゃんがお気に召さなかった場合、全額返金の対応もしてくれるというので安心ですね。

6. PEPPY

出典:peppynet.com

大手ペット用品通販でおなじみのPEPPY。

ペット特化の大手企業ということもあって、年齢ごとのフードの切り替えや目当てのフードを簡単に選ぶことができるなど、初心者にもやさしいサイトの作りです。

さまざまな会社のドッグフードを扱っており、それがランキング形式になっていたり、送料無料キャンペーンを行っている時期などもあります。

少量からお試しすることもできるので、ネットショッピングで調達しよう!と思った際には、ぜひ一度利用してみてはいかがでしょうか?

愛犬の健康寿命を考えたドッグフード選びを

出典:pixabay.com

今回は、おすすめのドッグフードから、わかりやすく解説付きで選ぶことのできるショッピングサイト・サプリメントなどのご紹介をしました。

選ぶ際のポイント、目的に合ったものがあればぜひ検討してみてはいかがでしょうか?健康な愛犬と充実した日々を送るためにも愛犬に合ったドッグフード選びの参考にしてみてくださいね。

※画像は全てイメージです。
※記事内の情報は、グリーニュースプラス編集部の調査結果(2022年6月)に基づいたものです。